あれば嬉しい家族手当!看護師も貰えるのか確認してみましょう!

働くママさんナース応援団

家族手当

記事ページ

扶養家族がいると貰える

家族手当とは、会社側から基本給とは別に支給される手当のことです。目的は、社員に扶養家族がいる場合の、生活費の補助とすることとされています。多くは扶養している配偶者や子どもがいる人を対象としているため、扶養手当といわれることもあります。
会社でしっかりと家族手当が支給されているのであれば、年間でけっこうな金額になることも多く、嬉しい収入になるのは間違いありません。本来の目的通り、生活費の補助として大いに活用できるものです。
しかし、この手当てが付くかどうかは、職場の規定しだい。金額もさまざまというのが現状です。福利厚生の整った病院であれば家族手当がついている場合も多くありますが、バリバリ働く看護師の場合、夫の扶養内ではないということもありますよね。さらに、子どもが夫の扶養内であれば、ママさん看護師への家族手当の支給はないということになります。もしシングルマザーであれば、子ども扶養していることになるので支給されます。配偶者や子ども以外に、両親などを扶養している場合に支給されるかは、職場側の判断によります。
ここまで説明してきましたが、手当については会社によりかなり異なっています。もし転職をお考えであれば、家族手当があるのか、支給の条件はどうかもチェックしてみてください。

支給条件

家族手当の基本的な支給条件は、扶養している家族がいるかどうか。会社の規定により、その金額や対象の人数には大きく差がみられます。例えば、結婚しており配偶者である妻と子ども2人がいるという場合。勤め先により月々の手当の額には差があります。

 

<家族手当の支給例 ⇒ 配偶者と子ども2人の場合>
・A:配偶者15,000円・子ども1人につき5,000円 ⇒ 月25,000円
・B:配偶者8,000円・子ども1人につき3,000円 ⇒ 月14,000円
・C:配偶者10,000円・子ども2人目まで3,000円ずつ、3人目から5,000円 ⇒ 16,000円
・D:扶養家族1人目に10,000円、2人目から2,000円 ⇒ 14,000円

 

支給条件としてポイントとなるのは、配偶者の年収が103万円未満であるかです。看護師資格を活かし、夫の扶養内のパートで働いているという場合、夫の会社で家族手当の制度があればもちろん支給されます。しかし、結果的に年収103万を超えてしまったら、後で返還しなければならない可能性もあります。制度をしっかり確認しておきましょうね。

 

またご自身が扶養している家族がいるシングルの場合も同様。規定条件を確認し、申請をすることを忘れずに。

Pick-up記事

  • 子どもの預け先に困るママさん看護師のため、院内保育室・託児室を完備した病院があります。看護師の仕事中、子どもが職場内にいると、とても安心ですよね。院内保育施設のメリットとデメリットを理解して、上手く利用しましょう。
  • 月々の出費でけっこうな金額を占める保育料。ママさんナースのお財布にも痛手ですよね。そこで嬉しいのは職場からの保育手当。福利厚生が整っていれば出るお金です。さて、その保育手当の金額はどれくらいなのでしょうか?
  • 働くママさんナースは、子どもとの時間はどうやって確保したらいいのでしょうか?実は、法律でしっかり定められているのです。育児時間制度や育児短時間勤務制度について知り、上手に利用してママさんと看護師を両立させたいですね。
  • 育休中にもらえる育児休業給付金。その金額がどれくらいか知っていますか?さらに、実は違う育児休業と育児休暇についてもご説明しています。これからママになりたい看護師さんに、ぜひ見ていただきたいページです。

はじめまして

働くママさんナース応援団として、さまざまな子育て支援についてご紹介。休暇や育児の時間・手当や補助金・保育園などについてまとめているので、参考にしてください。