子育てしながら働きたい看護師のためのおすすめ求人サイトをご紹介

働くママさんナース応援団

ママさん看護師のお仕事を探すなら!

子育てをしながら仕事も頑張るママさん看護師のための、お仕事探しを応援します。看護師の仕事を子育てと両立させるには、夜勤がないこと、短時間勤務制度があること、院内託児があることなど、多くの制約と条件に縛られた中で勤務することになります。出産前の病院で働き続けるのは難しく、転職せざるを得ないママさん看護師もいると思います。ママさん看護師が働きやすい求人を見つけるために便利な求人情報サイトを2つほど紹介します。
子育てと看護師の両立のために!

育児中の看護師さんが、現場復帰の前に単発バイトで働くのも良いですよね。今では単発バイト、派遣専門の看護師派遣サイトがあります。登録無料で様々な勤務形態の看護師求人が揃っており、登録した途端にすぐに希望の求人が見つかることも珍しくはありません。特に健康診断の繁忙期でもある春や、イベントが多くイベントナースの需要が多い大型連休などには単発の看護師バイトは多数求人が出るチャンスなのです。子供がまだ小さい、保育園がなかなか見つからない、その他病気などで常勤ができない人のための看護師単発バイトでもあるのです。

子育てをしながら看護師としてもう一度働きたいという人は多いです。しかし、子どもの風邪やイベントなどで時間の融通が利きにくいのも事実です。その結果、正社員雇用希望だったのに非正規雇用になってしまったり、人間関係が悪くなったりなどという希望と違う働き方になってしまう可能性があります。そうならないためにはハローワークやアルバイト情報誌など自分で探すのではなく、看護師専門転職サイトに登録し、転職コンサルタントを利用することをオススメします。転職コンサルタントの利用料は無料で、希望にあった転職先を探してくれます。ぜひ活用してください。

Pick-up記事

  • 子どもの預け先に困るママさん看護師のため、院内保育室・託児室を完備した病院があります。看護師の仕事中、子どもが職場内にいると、とても安心ですよね。院内保育施設のメリットとデメリットを理解して、上手く利用しましょう。
  • 月々の出費でけっこうな金額を占める保育料。ママさんナースのお財布にも痛手ですよね。そこで嬉しいのは職場からの保育手当。福利厚生が整っていれば出るお金です。さて、その保育手当の金額はどれくらいなのでしょうか?
  • 働くママさんナースは、子どもとの時間はどうやって確保したらいいのでしょうか?実は、法律でしっかり定められているのです。育児時間制度や育児短時間勤務制度について知り、上手に利用してママさんと看護師を両立させたいですね。
  • 育休中にもらえる育児休業給付金。その金額がどれくらいか知っていますか?さらに、実は違う育児休業と育児休暇についてもご説明しています。これからママになりたい看護師さんに、ぜひ見ていただきたいページです。

はじめまして

働くママさんナース応援団として、さまざまな子育て支援についてご紹介。休暇や育児の時間・手当や補助金・保育園などについてまとめているので、参考にしてください。