看護師の仕事と子育ての両立は可能なの?

働くママさんナース応援団

子育てしながら看護師は続けられるのか?

記事ページ

ママさん看護師って可能なの?

女性の社会進出が進み、「仕事と育児の両立」が大きなテーマとして取り上げられるようになりました。出産・育児は、それだけでとても大変な命がけの重労働ですよね。さらに仕事も、家事も……となれば、「大変」の一言では済まされないでしょう。それでも仕事がしたい!働きたい!という女性は少なくありません。キャリアを諦めたくないという女性もいれば、働かざるをえないという女性もいるかもしれません。その仕事が看護師の仕事だった場合、子育てとの両立は可能なのでしょうか?

看護師の仕事を続ける方法はあります!

看護師という仕事は、体力勝負とも言われるほど重労働です。仕事中は緊張状態が続くため精神的にもタフでなければ勤まりません。この仕事と子育てを両立するとなれば、当然楽ではありません。それでも看護師の仕事を続けたいという気持ちがあるならば、続ける方法はあります。出産後も看護師としての仕事を続けるために活用したい制度や施設などはいくつかありますが、「託児」、「短時間勤務制度」は、外せないキーワードとなるでしょう。

託児所の問題

看護師に限らず、多くの女性が小さなお子さんを育てながら仕事を続けています。0歳から託児可能な施設もありますが、現実的には託児施設は不足しており、待機児童の問題は社会全体の課題となっています。思うように預け先が見つからず、途方に暮れるママさんも少なくありません。看護師の場合、院内託児施設のある病院に勤務できると安心して仕事ができます。子どもが熱を出すなど、何かあっても同じ院内にいるというのはそれだけで気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

夜勤は避けて

看護師というと夜勤は避けられないようなイメージもありますが、入院施設のないクリニックや外来勤務など、夜勤のない看護師のお仕事もあります。夜勤になれば子どものリズムに合わせるのも難しくなりますし、昼間ならまだしも夜間に子どもと離れて過ごすのはママさんにとっても不安が大きいものです。育児と両立するのであれば、夜勤は避けて働ける病院を見つけるのがベターです。

ひとりで頑張りすぎないこと

看護師という仕事をしている女性は責任感が強く面倒見も良い女性が多いため、育児と仕事の両立もつい自分ひとりで抱えこみがちなのではないでしょうか?子育てをしながら仕事を続ける上では色々なことが起こり、その都度、家族の協力が必要になります。自分ひとりで全てやらなくちゃいけないと頑張りすぎず、ご主人や両親など積極的に家族の協力を得るように心がけましょう。
このサイトでは、ママさん看護師として働く女性のためのお役立ち情報を様々な角度から紹介しています。色々な制度や情報を活用しつつ、頼れる家族がそばにいることも忘れないでくださいね。

Pick-up記事

  • 子どもの預け先に困るママさん看護師のため、院内保育室・託児室を完備した病院があります。看護師の仕事中、子どもが職場内にいると、とても安心ですよね。院内保育施設のメリットとデメリットを理解して、上手く利用しましょう。
  • 月々の出費でけっこうな金額を占める保育料。ママさんナースのお財布にも痛手ですよね。そこで嬉しいのは職場からの保育手当。福利厚生が整っていれば出るお金です。さて、その保育手当の金額はどれくらいなのでしょうか?
  • 働くママさんナースは、子どもとの時間はどうやって確保したらいいのでしょうか?実は、法律でしっかり定められているのです。育児時間制度や育児短時間勤務制度について知り、上手に利用してママさんと看護師を両立させたいですね。
  • 育休中にもらえる育児休業給付金。その金額がどれくらいか知っていますか?さらに、実は違う育児休業と育児休暇についてもご説明しています。これからママになりたい看護師さんに、ぜひ見ていただきたいページです。

はじめまして

働くママさんナース応援団として、さまざまな子育て支援についてご紹介。休暇や育児の時間・手当や補助金・保育園などについてまとめているので、参考にしてください。