育児と仕事の両立【働くママさんナース応援団 教えて!子育て支援のこと】

働くママさんナース応援団
TOP画像

ママさんナースが気になる子育て支援について

「地域や職場での育児支援はどうなっているの?」というのは、多くのママさん、またはこれからママになりたい方の気になるところですよね。ここではそんな育児支援に関する内容、特に休暇や補助金、保育施設などについてまとめているので、参考にしてくださいね。
ただしこれらは法律で定められているもの、職場や自治体の制度によるものなどさまざまです。看護のお仕事をしながらこうした育児支援のサービスを受けられる情報などもたくさんあります。
子育てしながら看護師は続けられるのか?

仕事と育児の両立は、働く女性のテーマになっています。看護師という仕事を長く続けたいという女性にとっても、悩ましい問題です。出産を機にキャリアを諦めてしまう看護師も少なくないかもしれません。しかし、女性の育児と仕事の両立が社会的テーマとして取り上げられている今、出産後も仕事を続ける方法はいくつか用意されています。休暇制度、短時間勤務制度、託児施設など、子育てが落ち着くまでの間に活用できる制度は遠慮なく活用することを考えましょう。

子育てしながら看護師は続けられるのか?
育児支援その①【休暇や育児時間】

出産後も育児と両立して看護師の仕事を続けたいという方が気になるのは、「子育ての時間はちゃんと取れる?」ということ。
そのために利用したいのは、産前産後休暇や育児休業、短時間勤務制度などです。
それぞれ労働基準法や育児・介護休業法などの法律で、どのくらいの期間利用できるのか、どのような勤務形態の人が利用できるのかなどについて定められています。特徴をしっかり知り、自分が勤務先の病院で申請できるのかを確認するために利用してくださいね。
仕事と子育てを上手に両立させて、いきいきとしたママさんナースライフを送りたいですね。こちらでは、子育て支援のお休みに関することをご紹介していきます。

育児支援その①【休暇や育児時間】
育児支援その②【手当・補助金】

出産や育児でもらえるお金に、どんなものがあるか知っていますか?
出産育児一時金や育児休業給付金はほとんどのママさんがもらえますが、これ以外にもあるんです。それは職場からの保育手当や家族手当、医療補助などです。
さらに、職場だけでなく自治体からの出産祝い金の制度も。
しかし、これは福利厚生などの制度が整っている場合のみにもらえるお金です。
『育児を助けてくれる制度がある職場』を転職の選択条件に加えるのも、ママさん看護師にの賢い裏技。仕事と子育ての両立ができ、長く勤められる職場を見つけたいですよね。
こちらでは育児支援のお金のことについてご紹介していきます。

育児支援その②【手当・補助金】
育児支援その③【保育所・託児所】

「看護師として復職したいけど、子どもをどこに預けよう?」というのは、潜在看護師の大きな悩みの一つです。
病院などの医療機関でも看護師不足が問題となり、人員確保のために育児支援制度を整えています。
最も助かるのは、院内保育施設を完備している職場ではないでしょうか。また、提携幼稚園や保育園のある病院も見られます。これらには、たくさんのメリットがありますが、やはりデメリットもあります。よく理解したうえで利用したいですね。
また、子どもが急な病気のとき、夜勤に入りたいときなどに便利な施設もご紹介しています。さまざまな保育施設にサポートしてもらいながら、無理なく働きたいですよね。こちらでは、お子さんを預ける施設に関して、ご紹介していきます。

育児支援その③【保育所・託児所】
ママさん看護師のお仕事を探すなら!

育児と子育てを両立したいママさん看護師や、出産育児を機に一度は退職したものの、そろそろ復職したいというママさん看護師にもおすすめの求人サイトを紹介します。子育てと仕事を両立するには、積極的な育児支援に取り組んでいる病院に勤めるのがベストです。または、割り切って、育児期間中のみ短期的にパートやバイトで仕事をするのもひとつの方法ですよね。ここで紹介する2つの看護師専門求人サイトは、どちらもママさん看護師が働きやすい求人が多く集まるサイトです。ぜひチェックしてみてくださいね。

ママさん看護師のお仕事を探すなら!

Pick-up記事

  • 子どもの預け先に困るママさん看護師のため、院内保育室・託児室を完備した病院があります。看護師の仕事中、子どもが職場内にいると、とても安心ですよね。院内保育施設のメリットとデメリットを理解して、上手く利用しましょう。
  • 月々の出費でけっこうな金額を占める保育料。ママさんナースのお財布にも痛手ですよね。そこで嬉しいのは職場からの保育手当。福利厚生が整っていれば出るお金です。さて、その保育手当の金額はどれくらいなのでしょうか?
  • 働くママさんナースは、子どもとの時間はどうやって確保したらいいのでしょうか?実は、法律でしっかり定められているのです。育児時間制度や育児短時間勤務制度について知り、上手に利用してママさんと看護師を両立させたいですね。
  • 育休中にもらえる育児休業給付金。その金額がどれくらいか知っていますか?さらに、実は違う育児休業と育児休暇についてもご説明しています。これからママになりたい看護師さんに、ぜひ見ていただきたいページです。

はじめまして

働くママさんナース応援団として、さまざまな子育て支援についてご紹介。休暇や育児の時間・手当や補助金・保育園などについてまとめているので、参考にしてください。